スポーツ傷害とは?

2014-10-01
「スポーツ外傷」、「スポーツ障害」、「スポーツ傷害」 という言葉がありますが、その違いをご存知でしょうか? 「スポーツ外傷」とは、1回の瞬間的な外力が加わって受傷する捻挫、骨折、打撲、創傷、脱臼などの、いわゆる怪我のこと。不注意などから起こることが多い。 →鎖骨骨折、肩鎖関節脱臼、前十字靭帯損傷など          「スポーツ障害」とは、一定の動作を繰り返すことで慢性的に起こるもの。overuse sundrome(使いすぎ症候群)とも言われる。スポーツ選手やスポーツ愛好家などに多い。過度な練習などで起こることが多いが、技術の未熟さや筋力、体力不足、柔軟性の低下などが原因のことも多い。→腸脛靭帯炎、テニス肘など 「スポーツ傷害」とは、スポーツ外傷+スポーツ障害の総称。 整形外科ではこれらの傷害の診断、治療を行います。 さらに、なぜそうなったか、原因をお伝えし、再発しないように予防することが大切だと考えています。 一時的に安静が必要なこともありますが、なるべく機能を維持し、「現在していいこと」をお伝えしながら 一緒に早い復帰を目指したいと思います。
Copyright(c) 2013 医療法人社団理光会 いとう整形外科 All Rights Reserved.